テレフォンセックスでどうやってエッチな会話に持ち込めばいいのか?

せっかくテレフォンセックスをしようと思っているにもかかわらず、なかなかエッチな会話に入れずに日常会話で終わってしまうということもあるみたいです。恥ずかしさとか羞恥心が入り込んで紋来の目的であるエッチなことに持ち込めない人もそれなりにいるのではないでしょうか。今回は簡単にエッチな会話に入ることができる方法について解説していきます。

■きちんと挨拶はしておこう

相手とつながった時にいきなり唐突にエッチな話に持ち込むというのはNGです。挨拶をすることはきちんとしたマナーの一環ですので、そこできちんと礼儀良くしておくということだけで相手に対して好印象を与えることにつながります。好印象を与えたらエッチなことをしたがっているわけですので、エッチな話に持ち込めばいいのではないでしょうか。

■挨拶が終了した瞬間にエッチな話に持ち込む

あいさつが終了したら、恥じらいなどは捨ててエッチなことをしに来ているわけですので、テレフォンセックスをする方向で誘導してみましょう。人によってはいきなりということでクレームをつけることもありますが、相手の目的も同じようなものですので、すんなりと応じてくれることが多いです。

相手がイケイケの場合には早速エッチな言葉でつぶやけばいいでしょうし、相手が引いている場合はまだ恥ずかしいという感情があるわけですので、恥ずかしいという感情をほどくように優しくエッチなことをつぶやいてみましょう。

■相手もエッチなことをしに来ていると思えばいい

テレフォンセックスでつながるということはお互いそれがしたいから電話をかけるわけです。挨拶が済んだらいきなり本題に持っていくのが一番いいでしょう。そのことによってエッチな会話に持ち込む流れを作るわけです。